安達としまむら(ラノベ) 1巻 感想 「私の頭を、撫でてみてくれない?」 - 閣下たんの秘密基地

安達としまむら(ラノベ) 1巻 感想 「私の頭を、撫でてみてくれない?」

おはこんばんちは!

今回は入間人間による

百合系ライトノベル

 安達としまむら

の感想です。

イラストはのん氏。

 昨日、しまむらと私が

 キスをする夢を見た。


このお話はタイトル通り安達としまむらの

平凡な日常を描いた作品。

章ごとにしまむらサイド、安達サイドと、

交互に視点が変わる。

どちらかというと安達サイドのほうが面白い。

どちらにせよ、それぞれの視点からそれぞれを見つめている。

この作品には少しおかしい人がいる。

そのなかでもどこかで見たようなヤシロというキャラはとにかく変だ。

全身から粒子をばら撒いて輝いているらしい。

こいつだけは本当に謎の非現実。

正直いらないのではと思えるくらいだけど、

作者の他の作品でもしゅこーしゅこー言ってたきがするので

お気に入りかサプライズだろうきっと。

あとしまむらの友達の日野とか永藤もちょっとヘン。

ひょうきん者っぽくて図々しい日野、

記憶力が極端に悪い巨乳の永藤。

まあヤシロに比べればマシか。

そしてしまむらはファッションセンター……ではなく、

自分がないような、なんかよくわからない存在に思えた。

というか、最近の若者って感じがした。

ちょっと天然気味らしい。

そして安達は普通に可愛い女の子な気がする。

純情でピュアで、しまむらを好きなんだろうという気持ちに気づいてしまう。

ちなみにほっそりしていて出っ張りが少ないようだ。

そんなしまむらと安達は共に授業をサボって隠れ家的な場所、

体育館の2回で出会って、

それからよく同じ場所でサボるようになってだらだらしている。

そんな中、しまむらはなんとなく安達とは友達っぽい。

安達はしまむらは特別な存在、友達、……好きかも!

という感じに互いを思っている。

しまむらは面倒見がいいのか、少し抜けているのかしら無いけど、

というか普通にいい子なのか、安達の変な行動に

違和感を覚えつつも拒否はしないところが、

安達をどこかで認めているところなのかなって思う。

まあ、2巻以降安達をどう受け入れてどう気持ちが変わっていくのか気になるところ。

安達はもうしまむらしか見えてなくてずっとしまむらとイチャイチャしたいご様子。

そんな中ヤシロとか日野&永藤が少し邪魔に思えてくる。

特にヤシロの存在が今後を不安にさせる。

とまあ個性豊かなキャラが場を盛り上げている、

これから安達の恋の行方はどうやって終着するのか。

そしてしまむらは……?

ところであとがきで、編集さんに「ゆ○○○みたいなのを書いてくれ」

と言われて書いたそうですが、

どうやら一文字違いの漫画を参考にしたかもしれないらしいですw

まあこれからも緩~く二人をいちゃつかせてほしいなあ。

ちなみに絵はとても可愛らしいし、淡い色使いも良し。

顔以外は少し京アニっぽいと思ったけど京アニにいた人だったw

のんさん、普通に好きな絵柄。

京アニの時は逢坂望美名義だったそう。

イラストの代表作は「中二病でも恋がしたい!」かな。

コミックス版もおすすめですヨ。

安達としまむら(コミックス) 1巻 感想 「なにしてんの私 ナニシテンノー」



この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1287-4ceeccd3

閣下たんの秘密基地