ハナヤマタ 2巻 感想 「こんな私でよければタミおねえちゃんの隣にいさせてくれませんか…?」 - 閣下たんの秘密基地

ハナヤマタ 2巻 感想 「こんな私でよければタミおねえちゃんの隣にいさせてくれませんか…?」

おはこんばんちは!

今回は浜弓場双原作の漫画

 ハナヤマタ

2巻の感想です。

こちらはまんがタイムきららフォワードで連載中。

いよいよ前へ向いて歩き出したなるとハナ。

しかし、二人がよさこいを続けるためには

いくつかの問題があった。

部として申請するため、4人集めること。

顧問の先生を見つけること。

そして、屋上の無断使用を禁止され、

踊りの練習をする場所が奪われる。

どうなるなるとハナ!?

どうなるよさこい部(仮)!?





このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索

------------------------------

いつも読んでくれてありがとう(*´ω`*)

ブログランキングに参加していますの。
クリックしていただけるとやる気が出ますの(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

------------------------------

この巻のお話はハナとヤヤという

珍しい組み合わせの二人のお話で始まる。

こうやって二人も仲良くなっていくのだ…。

しかし、二人で買い物やら色々していると、

なると映画を見る約束をしていたのだが、

約束していた時間を過ぎていた…。

つぎの日怒って「今度は一人で観に行くもんっ!!」って

拗ねるなるが非常に可愛い。

そしていつものように屋上に上がると、

そこに待っていたのは生徒会長の

常盤真智と、なるの幼馴染、

西御門多美のふたりだった。

そこで生徒会長に屋上の無断使用を全面禁止されてしまう。

しかし、相変わらず屋上に集まるなる、ハナ、ヤヤの3人。

そこに気配なく現れるタミ。

この巻で特にスポットライトを浴びるのはこの『タミ』であろう。

なるの憧れのお姉ちゃんでお姫様のような存在のタミお姉ちゃん。

おっとり系の大和撫子でお嬢様でなんでもできちゃうタミお姉ちゃん。

誰もが憧れるであろうお嬢様なのだが、

その反面近寄り難く思われてしまったり、

本人も普通の子に淡い憧れを抱いていた。

そんな中、ハナによさこい部の勧誘を受けるのだが……。

タミの勧誘と同時に、担任教師である常盤沙里に顧問をお願いすることに。

しかし、めんどくさそーに断られてしまう。

しかし、4人集めれば話を聞いてくれるということで

なるとハナは奮起!

しかし――、

ハナの言葉に心を揺らされたタミだったが、

大好きなお父様に部活を始めることを

快く思われないと感じたタミは、

その誘いを断ってしまう。

しかし心のもやもやは晴れず、

どんどん悩んでしまう。

そんな時、マチの言葉や、

なるの存在がタミに決断する勇気をくれたのだった。

やはりこの巻の山場はここだろう。

どこか様子のおかしいタミお姉ちゃん。

それがどうしても気になってしまうなる。

引っ込み思案で一歩をなかなか踏み出せなかった

昔の自分と、今のタミが重なって見えた。

雨の日の帰り道、タミと目があったなる。

なるが相談に乗りたいと声をかけられ、

タミは話をしようとするも、

父の言葉を思い出し、なると顔を合わせづらいのか、

走り去ってしまう。

走りながら、本当の幸せを諦めようとしているタミ。

そこに手を差し伸べたのは追いかけてきたなるだった。

そこでタミは父に嫌われるのが怖いと語り、

そして自分で自分を追い込んでいったことに気づいてしまう。

そしてなるは、タミお姉ちゃんは一人じゃない、

私もずっと怖かった、もしうまくいかなかったら……

そんな時背中を押してくれた人がいたこと、

ハナという存在がいてくれたこと、

そしてなるもまた、タミにとっての背中を押せる存在になりたい。

「私じゃダメかな?」

「こんな私でよければタミおねえちゃんの隣にいさせてくれませんか…?」


なるのタミへの言葉の一つ一つは、

タミを新しい世界へ踏み出させるには十分だった。

そしてマチの

「一緒に泣いたり笑ったりしてくれる人がいるのはとってもステキなことだと思うわ」

という言葉もタミの心の支えになってくれていた。

さて、

ファザコンお嬢様タミがよさこい部に入部し、

ヤヤが名前を貸し、サリー先生を顧問に迎え、

よさこい部が本格的に指導することになった。

そして15組目、初めての部活動。

よさこいを実際に見に行くことに。

ヤヤとサリーちゃんはめんどくさそうだったが、

久しぶりに見た生のよさこいに感動するハナや、

初めて見る生のよさこいにはしゃぐなるとタミ。

そして同い年くらいのグループに刺激を受けるよさこい部。

初めてだらけの初部活動は有意義なものになった。

そしてサリーちゃんとウミボーズこと勝さんとの出会いも…………。

この巻も面白かった。

ようやくタミ姉ちゃんとマチちゃんもでてきて

いよいよよさこい部も動き出した。

しかし、名前だけ貸してるヤヤとか、

やる気のなさそうで頼りなさそうなサリーちゃんには不安が残るのであった。



この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!




関連記事
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1319-29813a08

閣下たんの秘密基地