あの娘にキスと白百合を 1巻 感想 「今日会いたかった ひとりがさみしいこと 思い出してしまったから」 - 閣下たんの秘密基地

あの娘にキスと白百合を 1巻 感想 「今日会いたかった ひとりがさみしいこと 思い出してしまったから」

おはこんばんちは!

今回は缶乃さんの

 あの娘にキスと白百合を

をご紹介!

月刊コミックアライブで連載中のこの漫画は

オムニバス方式でお話が進む漫画で、

主人公とかの主要人物は出続けるけど

それぞれのキャラに焦点が当てられた

様々な恋物語が楽しめる漫画になってます。





このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索

------------------------------

いつも読んでくれてありがとう(*´ω`*)

ブログランキングに参加していますの。
クリックしていただけるとやる気が出ますの(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

------------------------------

作者の缶乃さんはマリみてに影響されたらしく、

実際呼んだらわかるけれどとても影響を受けた漫画に思える。

故にとても女学校の百合話らしく、

王道でいて女の子らしい女の子のお話。

やはり「タイが曲がっているわよ」は外せませんね!

マリみてでは小笠原祥子が言っていた台詞。祥子様好き。

あのキスはオムニバス方式だけれど、

やはり白黒コンビの話が軸で進んでいく漫画だと思う。

白黒コンビってのは主人公の品行方正、成績優秀、

学園の鏡の秀才、白峰あやかと

授業中は居眠り、だけど成績はいつも1位で

漫画みたいな天才、黒沢ゆりね。

二人の恋のものがたりはまだ始まったばかりだ。

少しずつ変化していく二人の日常は、

今後どういった展開を見せていくのか。

ちなみにこの巻の最後のシーン、

ツンデレな白峰さん可愛すぎる…!

そしてこの巻では、陸上部の2年生の二人のお話も展開されています。

学園の王子様で実は気弱な瀬尾瑞希と、

クール京美少女だが実は熱血な部分が多い二階堂萌。

二人の絆が今試される…?

いやあーこの二人もとても良いのです。

物語の合間に「あのキス小劇場」というのもあり、

1ページで小さな恋物語に触れられていて、

いろんな百合が楽しめるのもこの漫画の特徴かな。

最初は白峰さんがタイを直していたので、

祥子お姉さまのような感じの方かと思ったら、

どちらかと言えば祐巳に近いのかな?

優等生だけれど、割りと普通の女の子で、

努力家で表情豊かで案外面白い女の子だ。

そしてとても可愛いのだ白峰さんは。

そして次巻もはやく読もうと思うのだ…。




この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!




関連記事
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1361-eecc558d

閣下たんの秘密基地