灼熱の卓球娘 3巻 感想 「世界一の友だちだから」 - 閣下たんの秘密基地

灼熱の卓球娘 3巻 感想 「世界一の友だちだから」

おはこんばんちは!

今回は朝野やぐらさんの

 灼熱の卓球娘

の感想です!

この漫画はジャンプスクエアで連載中の

灼熱の美少女卓球漫画です。

3巻です!

ついに始まる地区予選団体決勝――

最大のライバル燕女学園との

熱き死闘の幕が上がる……。




このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索

------------------------------

いつも読んでくれてありがとう(*´ω`*)

ブログランキングに参加していますの。
クリックしていただけるとやる気が出ますの(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

------------------------------


みなさん、この巻はハナビとほくとが最高に百合ってますよ!!!

さて、まずは先輩が部活を見に来るお話から始まる。

強豪校で1年生にして団体メンバーに抜擢された紫藤先輩だったが、

こよりとの対戦で自分もまだまだだな!と気合を入れ直して帰ったようだ。

さて、いよいよ燕女学園との試合が始まる!

第1試合は天下ハナビと魁ねむりのシングルス。

ここでハナビに焦点を当てたほくととの過去が明かされる。

二人の友情に感動を覚え、ハナビ勝ってくれー!

と思いながら戦況を見つめる。

ハナビは前陣速攻型でスピード感のある卓球で相手を攻める。

序盤こそ圧倒していたが、ねむりのカウンターが決まり、

形勢は逆転へ。

ハナビより速い前陣速攻型の目覚めたねむりは強く、

ハナビは負けてしまうのであった。

そして第2試合、ハナビのためにも負けられない

ほくとの決意の試合が始まる。

相手はチビっ子水玉ぱんつの色埴イロリ。

ここではほくとに焦点を当てたハナビとの過去も。

序盤はほくと得意のサーブで有利にすすめるが、

イロリのラリーでつなぐ上手さで

得意のサーブを封じられ、

さらにミドル攻撃で不利な戦いを強いられることに。

絶対に勝たないとという気持ちもプレッシャーになり、

未完成の必殺サーブも打てずにいた。

絶望的に思えたが、みんなの想いと、

仲間に支えられたハナビの言葉が

ほくとの心に響き渡る。

試合では使ったことのなかった投げ上げサーブを決め、

波に乗ったほくとが試合を征した。

いやぁここ2つの話は本当に良くて、

ハナビとほくとのシーンはもちろん、

仲間たちとの絆にまた涙する自分がいた。

そして第3試合はダブルス!

キルカとムネムネVS藤宮吹雪と宝条焔

どちらも抜群のコンビネーションを見せるなか、

ムネムネ先輩が狙われるようになり、

押され気味の二人。

ここでキルカに焦点を当てた

二人の過去の話になるのだが、

最後の出会いのシーンではちょっと笑ったw

やはり最高に熱くて百合百合している

卓球漫画灼熱の卓球娘はとても面白い。

これからもどんな強敵が現れても、

仲間との絆で乗り越えて欲しいです。

次巻も楽しみです。



この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!




関連記事
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1387-66b5975a

閣下たんの秘密基地