やがて君になる 6巻 感想 「想いは、どこへ――。」 - 閣下たんの秘密基地

やがて君になる 6巻 感想 「想いは、どこへ――。」

おはこんばんちは!

今回は仲谷鳰原作の漫画

 やがて君になる

6巻の感想です。

こちらは月刊コミック電撃大王にて連載されている百合漫画

様々な想いが巡る生徒会劇が始まった。

家族も見に来た中、淡々と進む劇。

この劇の先には何が待っているのだろうか。





このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索

------------------------------

いつも読んでくれてありがとう(*´ω`*)

ブログランキングに参加していますの。
クリックしていただけるとやる気が出ますの(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

------------------------------

一つ言わせてください。

だから最後のコマ!!!w

どうすんだよこれいろんな想いでいっぱいやぞ。

  想いは、どこへ――。

ほんまやわどうすんだこれ。

そしてあとがきは祝アニメ化!

でそれ関係の話も交えつつゆるくて落ち着く。

……さて!

劇が始まりますで!

……

いつも巻のはじめは大きな動きもなく、

今回も淡々と始まる。

文化祭が始まり、学園内は浮かれ気分で

楽しい雰囲気でいっぱい。

生徒会劇まではまだ時間がある。

侑、こよみ、燈子、沙弥香の4人は文化祭を楽しむ。

ひとときの時間を過ごした後、

いよいよ生徒会の劇が始まる。

体育館に足を運ぶ生徒たちの他に、

燈子の両親の姿も。

――舞台には、ベッドに眠る燈子の姿が。

記憶喪失になった少女の役を演じる燈子。

どこか自分と重なる主人公に燈子は何を思うのか。

次々と出てくる主人公の知り合い、

友人、弟、恋人(彼女)……

誰の話を聞いても過去の私がわからない。

話を聞いた中のどれかを演じなければならない。

どれかにならなければならない。

過去の自分の、どれかに……。

誰かにならなくちゃ……焦る一方で

看護婦(侑)の言葉に、過去の自分ではなく、

今の自分を、これからの自分を見つめるようになる。

誰もがこれまでの自分を望んでくれているわけではない。

変わってしまった自分を受け入れてくれる存在がいる。

自分が誰でもないことが怖かった。

誰かに成り代わる事が全てじゃない。

今までの自分に別れを告げて、私は私になる。

燈子は、劇の主人公とともに、乗り越えた。

これからの自分の人生に道がひらけた瞬間だった。

劇が終わったとき、

燈子から生まれた感情が、そっと頬を濡らした。

「終わっても 終わらないんだね」

片付けをしながら、燈子は笑顔で。

「私だけがあなたの特別でいられたのに」

先輩は もう 私がいなくても 大丈夫だね

侑の心はもうはちきれそうだった。

文化祭と中間テストの打ち上げでカラオケ。

その後、侑と燈子、二人の帰り道。

晴れ晴れとした燈子の姿。

侑への感謝を告げながら別れ際に抱きしめて大好きだよの一言。

侑の押し殺していた言葉がもうすぐそこまでこみ上げてきていた。

ある日の帰り道、いつかの川。

あのシーンは強く印象に残っている。

なにかあるならやはりここ。

侑に、これからも今までどおりそばに居てほしいと伝える燈子、

だがしかし、侑はこれまで通りではいられない。

最後の最後まで押し殺そうとした感情は、

抑えきれずにキスからの先輩、好きですの言葉に成る。

言っちゃダメだ、わかってた、でも、言ってしまった。

侑ははちきれてしまった感情を燈子にぶつけた。

そして燈子から出た言葉は「……ごめん」だった。

覆っていた顔から、燈子の姿は侑にはそう見えた。

ばかだ、ばか、ばか! 言っちゃダメだったのに!

ばか ばかだ私は。

侑が私を好きになるなんて、好きにならないと信じて、甘えていた。

自分を責めた。どれだけ侑に想いを閉じ込めさせてしまったのか……。

燈子のごめんは、好きという言葉へのごめんではなく、

侑に対するごめんだった。

違う、待って、侑! 手を伸ばそうとした、でも、体が動かない。

追いかけなきゃ、でも、なんて言えばいいのか。

好きが怖いなんて、侑のことが怖いなんて言えない。

追いかけて、伝える言葉が、今の私には、ない。

変わっていく燈子、変わってしまった侑……。

それぞれにとってそれはとても良いことだった。

良いことのはずなのに……。

それぞれの想いは、どこへ向かっていくのだろうか……。

さあ、燈子さんの今後の行動が見ものですわ!

しかし2年生は就学獄旅行でしばらくいなくなるから、

直接触れ合えないっていうもどかしい展開。

侑は燈子がいない間どうやって過ごすのか。

燈子は、修学旅行中に何を思うのか。

ああああああああああ、あかんて、あかんてこれは!

だからいつも終わり方ね!

続きが気になるだろ!

正直、劇自体はあっさり終わったなーとか思っちゃったんですよ。

そのあとのもって生き方よ。

劇はやはり通過点。

劇を乗り越えることで変わっていく燈子と、

それを見守り続ける侑。

ああああああああああ、あかん、あかんで!

早く次が読みたいいいいいいーっ!

ちなみに、アニメも始まりましたね。

原作の雰囲気もよく出てるし、

すごくいいよ!

おそらく1クールだと思うけど、

文化祭終了くらいまでは行くんだろうか?

どうかしらんけど毎週見逃せないです。

あー生きててよかった。

――

そして、おわりましたね!

やっぱ1クールだったかー。

続きも是非に。

お願いしますよぉ。


やがて君になる(6)【電子書籍】[ 仲谷 鳰 ]

この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!




関連記事
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1410-0325298b

閣下たんの秘密基地