球詠 5巻 感想 「どうよ私の投球は」 - 閣下たんの秘密基地

球詠 5巻 感想 「どうよ私の投球は」

おはこんばんちは!

今回はマウンテンプクイチさんの

 球詠

5巻の感想です!

強豪梁幽館との試合は初回に先制するも

すぐさま同点へ。

新越谷と梁幽館

試合の行方は…。




このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索

------------------------------

いつも読んでくれてありがとう(*´ω`*)

ブログランキングに参加していますの。
クリックしていただけるとやる気が出ますの(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

------------------------------


梁幽館との試合は好守備に阻まれながらもなんとか先制。

そしてこちらのエースのヨミちゃんは

あの球で三振も取り、4番の中田を敬遠。

二死一二塁で勝負!

というのが前回のあらすじ。

直後にタイムリーを撃たれるも

主将岡田のストライク送球で難を逃れる。

その後も再三のチャンスを作るも

なかなか追加点を得られない新越谷。

息吹は自分の采配ミスかと悩みつつも

好采配を続けるも、

梁幽館の選手たちはそれを上回る活躍を見せる。

そんななか、ヨミは高騰を続け、

隠し玉である強直球、

強いストレートを投げ込んでいく。

しかし、4番の中田に本塁打を打たれてしまう…。

流れ的にもなんだか不運が続く新越谷サイドが辛い。

ポテンヒットとか、太陽の光が目に入って落としたり

まぁなんせ運が悪い。

そのくせ梁幽館は好守備とかでなかなか点が入らない。

この試合は負けかな…という展開の中だけど

ヨミちゃん頑張って3点に抑えてるのはなかなか熱い。

ヨミちゃんもめげること無く投げてたけど、

自信ついてきた全力ストレートを補織り込まれたのは

ショックがでかかったみたい。

梁幽館はどのバッターも

あの球とかツーシームとかにも食らいついてきて

レベルの違いを感じる。

しかしこの巻の最後、

岡田の三塁打が反撃の狼煙を上げる!

まだ試合は終わってなんかいない!

この試合の行方は…時間へ続く!(デデン!

次巻も楽しみ!

そしておまけマンガwww

動かん…!w

それと球詠選手名鑑もいよいよVol.10まできました。

今回は白菊ちゃんと芳乃ちゃんが登場。

この白菊さん可愛すぎませんかね…。



この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!



関連記事
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1420-1d1e7bdd

閣下たんの秘密基地