リバティ 1巻 感想 「聞こえてるよ ここの音♥」 - 閣下たんの秘密基地

リバティ 1巻 感想 「聞こえてるよ ここの音♥」

おはこんばんちは!

今回は自主制作百合コミック誌「ガレット」にて連載中で

原作を声優の橘田いずみさん

作画を百乃モトさんが担当した注目の百合漫画

 リバティ LIBERTY

1巻の感想です!

声優、餃子評論家、百合愛好家と、

いろんな側面を持つ橘田いずみさん。

ついに自ら原作を手がけることに。

話題性だけにとどまらない、

彼女の描く百合物語とは……。




このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索

------------------------------

いつも読んでくれてありがとう(*´ω`*)

ブログランキングに参加していますの。
クリックしていただけるとやる気が出ますの(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

------------------------------


ゲーム会社に務めるOL

本庄真生は、ひょんなことから

メジャーデビューを控えたバンドのボーカル

Liz(リズ)と出会う。

そんな有名人にいきなり

「歩くカミングアウト」

呼ばわりされたり、いろいろ振り回される本庄真生。

手の甲に書かれた文字の場所に向かうと、

そこでLizの唄に触れ、魅せられる。

ライブが終わったあと、

いきなり手を引かれ、

Lizにいきなりのキスをされ、

目隠しをされ、Lizの柔肌に吸い付く。

耳を舐めたとき、一方的に行為は終わる。

そして寂しげな表情を見せ、

Lizは去っていく。

その日のことが頭から離れず、

そわそわする本庄真生。

CDも買ってしまいすっかりファン。

そして職場でまさかの再会。

LIBERTYが新作ゲームの主題歌を担当することに。

打ち合わせ中も意識させてくるLizに

たじたじの本庄真生。

この再開は運命なのか……。

後日、レコーディングに立ち会うことになった本庄真生。

遅れてついたそこではLizのサプライズお誕生日パーティーが。

何も知らなかった本庄真生はその場のでまかせでやり過ごす。

休憩中、またも手の甲にサイン。

書かれていたのは自宅の住所らしき文字だった。

尋ねると、バンドで歌っているときの

かっこいいLizとは違う、

とてもファンシーな部屋で暮らすギャップだらけのLizだった。

そこで選んできた誕生日のプレゼントを渡すと、

涙で溢れた怒りとともに追い返される。

渡したプレゼントは、ギター型のピアスだった……。

そしてLizと先輩の過去話に突入。

好きと言われた耳の形、

プレゼントされたギター型のピアス、

そして、大好きな人とのキス……。

そんな大好きだった先輩との過去がLizを追い込む……。

仕事終わり、土砂降りの雨の降る午後11時頃。

泣きぬれた彼女を今度は自分の家に招き入れる。

そこでLizはいろいろ話してスッキリして変える。

後日、まさかの奴隷契約書を突きつけられ、

それにあっさりサインしてしまう本庄真生。

そこでLizの本名も明かされる。

そして二人はまだ見ぬ未来へ向かって歩んでいく……。

というのが全体の流れ。

その他の登場人物は、

真生の親友のツッチーこと

辻原ちえみ。

ロリータ好きのアニオタで

真生と同じく女好き。

あとは職場の上司。

てきとーだけどあっさりしてていい人そう。

あとはLIBERTYのメンバー

誰でもウェルカムな

ドラムでリーダーのたけ

実は男にしか興味がないんだそうな

ギターのクギ坊(クギ坊てw

私も女好きようふふ…な

ベースのジャスミン

話はそれますけどベースでジャスミンと言うと、

Jasmine Youさんを思い出します……。

それとマネージャー。

あとはアメリカに行ったしまったLizの先輩。

そして最後の謎の美女……。

真生とLizの話ですが、

これから出てくるキャラとか、

話に絡んできそうな気がします。

Lizは原作者の橘田いずみさんの声で脳内再生させていただきました。

だって風貌とか雰囲気が似てる気がする。

おそらくイメージ的には橘田さんから。

Lizの本名からしても、やはりそうなのでしょう。

Sっ気のあるLizと、

振り回される真生。

二人の未来はどうなっているのか、

とても楽しみで続きも気になる気になる~。

漫画のあとには

橘田いずみさんと百乃モトさんの

特別インタビューも。

二人の偶然が重なる出会いなど、

面白い話が載っています。

そして橘田いずみさんの百合感というか、

私の中の百合ははっきりこれって言える

橘田さんの百合に対する芯の部分に自分としても感じるものがあった。

当時見たかったけど見れなくて放送開始からだいぶ遅れて

ストロベリー・パニックのアニメを見て百合好きになって数年。

まだまだ百合初心者で、

百合漫画の感想書いてるけど正直好きなだけで書いてて。

女心もわからない自分が感想なんて書いててええのかとかしばしば思ったり。

まぁこの話はおいておいてリバティの話に戻し。

物語についてもしっかり考えていて、

強い想いを感じました。

橘田さんの大好きな百合を書いて、

これ以降も存分に切ったさんの百合を表現できる漫画、

それがリバティであり、

それを一番引き出してくれる最高のパートナーが、

百乃さんなのだと思います。

百乃さんも「リバティは深い」言っていましたが、

いろんな深さを秘めている漫画だと感じました。

そしてあとがきで橘田さんが最後に言っていました。

売れろーーーーーー!!

いや、売れると思いますよ。

続きが気になるので、ぜひ次巻も購入させてほしいです。

それと橘田いずみさんの斬新な作画も載っています。

それを美麗なイラストに清書する

百乃さんの画力よ。

やはり漫画家さんってすごいなと思いました。



この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!




クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1422-091299bf

閣下たんの秘密基地