繭、纏う 1巻 感想 「息がふたつある…?」 - 閣下たんの秘密基地

繭、纏う 1巻 感想 「息がふたつある…?」

おはこんばんちは!

今回は原百合子さんの漫画

 繭、纏う

1巻の感想です。

コミックビームにて連載中。

美しくまるで生きているような制服を着た

少女たちの長い髪が乱れ舞う星宮女学園。

優雅な日々を過ごす彼女たちの制服は特別だった。

「ねえ、制服が息する音聞いたことある?」




このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索

------------------------------

いつも読んでくれてありがとう(*´ω`*)

ブログランキングに参加していますの。
クリックしていただけるとやる気が出ますの(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

------------------------------


繊細な絵と物語で紡がれる、

少女たちの恋物語。

髪の毛で作られた制服を身に纏い、

優雅に過ごす少女たちの学園物語。

物語のキーとなる星宮さんという存在。

学園の王子様である佐伯さん。

おそらく主人公である女の子、たまに毒を吐く可憐な横澤さん。

この3人がメインで物語が紡がれていくのだろうというところの

女装と行った感じなこの繭、纏うの第1巻。

乱れ交う美しき髪の毛と感情。

少女たちの物語はどこへと向かうのか…。

美しい髪の毛が舞う描写がなんとも鮮烈なのですが、

お話的にはとても純粋で真正面なゆり物語であると感じました。

ややホラーじみたりミステリめいたところもあり、

とにかく髪の毛がすごいw

どうも横澤→佐伯→星宮の3角関係みたいになるんですかね?

星宮さんがよくわからない存在。

星宮女学園の星宮産、謎めいたお嬢様。

1話は横澤洋子、佐伯華の現在。

卒業間近の高校3年生。

二人の仲の良さがここから知れる。

学園の王子様も洋子の前では気が抜ける。

そして洋子は華さんがお好き。

華さんは星宮さんが気になる、と。

2話は中学3年の二人。

中等部は採寸、高等部は髪を切る!

髪を切った前園さんの制服は誰のもとに…。

3話は二人は出てこず、

羽生さんと星宮さんのワルツ。

描写がすごい。

星宮産お自由な行動に一瞬のすがすがしさを味わう羽生さん。

4話は高校1年の佐伯華さんの話。

どうやら背が伸びたらしく、

被服楝のお墓にて自分にあう制服を探すも見つからず、

今の制服に普通の糸を足すそうな。

そして星宮さんとも出会う。

5話も引き続き華さんのお話。

4話からの続きで、まさかの星宮さんとのつかの間の逃避行に。

このふたつの話で作り物の王子様という自分の姿に

疲れたりなんかしちゃったけど星宮さんのためなら

本当に王子様になってもいいみたいなそんな感じになる。

ちなみに星宮さん、いきなり髪を切って王子様に渡す。

どうやら制服に星宮産の髪の毛が追加されたようだ。

ここで横澤さんの1話のセリフが蘇る。

「息がふたつある…?」

6話は高等部2年の横澤洋子のお話。

二人が中等部以来の言葉をは交わすお話。

この話はちょっとキュンとしますね。

なんと行っても横澤洋子がかわいい。

横澤さんは最初から最後まで可愛い。

先生のことババアとか言っちゃうけど。

最後の7話はドコドキの展開。

最終的には疲れて眠ってしまった

王子様の唇を奪ってしまう横澤さん。

もう、好きが止まりませんね!

とまぁこんな感じですが、

まだまだ物語は始まってもいないような気がします。

とにかく、自分の語彙力とか、

いろいろ脳足りんすぎてうまく書けないw

マリみてみたいな正統派百合のスットーリーでありつつ、

神聖なんあにかとか、神秘的な要素を持った作品だなぁと思いますした。

とにかく髪の毛が長い長い。

そしてきれいに描ききっている。

繊細な髪の毛の1本1本が飛び交います。

しかしあれだけ髪が長いと前から禿げてしまうとか、

洗うの大変そうとか毛先傷んでるだろとか余計なことばかり考えてしまいます。

いやもう本当に余計なことですかねw

髪の長い有名人だと声優の小岩井ことりさんとか有名ですよね。

ほんとずっと伸ばしてますよね。

MENSAの仲間入りしたり、デスボイスを駆使して音楽活動したりと、

なんかよくわからんけどすごい。

漫画の話に戻しますが、

とにかく髪の毛をみんなが大事にしているというか、

髪の毛に対する執着とかあいすらも感じられます。

ちょっと不思議な世界観も髪の毛からくるものなのかな。

ちなみにやがて君になるの仲谷鳰さんも帯にコメント出してます。

仲谷さんいわく、ずるい…とw

繊細な絵と物語もマッチしている。

今後どのように展開していくのかも楽しみです。



この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!




関連記事
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
トラックバック

http://yutarock69rock.blog.fc2.com/tb.php/1431-34ca60ea

閣下たんの秘密基地