いつか、夜明けの空で待ってる。 3巻 感想 「行動しないと 成功も失敗もないんだよな」 - 閣下たんの秘密基地

いつか、夜明けの空で待ってる。 3巻 感想 「行動しないと 成功も失敗もないんだよな」

おはこんばんちは!

今回は荒木宰先生の

 いつか、夜明けの空で待ってる。

の3巻を読んだので感想をば。

 →1巻の感想はこちら
 →2巻の感想はこちら

 まさかの最終巻!!!

まじかよ…。

もうちょい続くのかと思ってた。

レビューとか読んで、ちょっと展開が…

なんて聞いてたので、残念がりながら、読んだ。


さて、いよいよ英先生の心が大きく揺れた。

胸は揺れなかった。

いや、きっとかなり揺れているのだろう。

ゆさゆさと……!!!

先生はもちろんいい身体をしている。

エロくて可愛すぎるメガネっ娘で最高な女性だ。

だがしかし!

注目すべきは和羽だよ!

以外に良い身体してやがる…。

細身だが以外にむっちりで胸も普通なみには見える。

体育系の活発な女の子ってじつはエロいんだぜみたいな

そんな話を聞いたことあるけどそれはどうでもいいとして

主人公の周りの女の子はいい子ばっかりだ。

赤丹さん意外はw

……って、いきなりエロネタで申し訳ないw

水着もあったしね、川でだけど。

透ける先生のブラか水着かわかんないものも

思春期の男の子にはたまらんですね。


さて、この間はいよいよラストということで、

星の王子をめぐる恋もいろいろ完結します。

それぞれの想いが交錯する中、

すれ違う守重とみなか。

最終的に先生も和羽も自分から身を引く形に。

とはいえ和羽は自分の気持ちに正直で、

想いをぶつけて玉砕した時は本当に可愛かった。

先生はやはり教師だからという想いもあったのか。

でもやっぱり心中は……。

幼いころに守重とあったことも語られ、

最後の先生とみなかの一騎打ち……

まあバチバチはしてなかったけど、

恋する女性の可愛らしさってやつがよく描かれてたと思う。

守重の優柔不断だったり、気持ちのゆらぎ具合に

煮え切らないというか、ちょっとイライラもするかもしれない。

守重ハーレム病ちゃうの?

最終的な守重の選択はやっぱりみなか。

終盤はギャグっぽかったけど綺麗に終わって、

意外に自分もスッキリして、良い読後感を得ることができた。

なかなかおもしろかったから、やっぱりもっと続いて欲しかったし、

残念ではあるけれど、綺麗に追われてよかった。

先生だけ孤独な気もするけれど…。

そう、あとひとつ。

最後の最後の手前の178ページの二人の顔アップで

守重がページとページの間にまたがってるので

顔が歪んでどうしても面白いw

その次のページは二人のいい笑顔が描かれています。

お幸せに!


で、最後にエピローグ的な話もついてきます。

そこではその後の話が描かれています(あたりまえじゃw

ああ、先生、小説が恋人なのね……。


いやーやっぱりメインヒロインみなかちゃん大勝利!

やっぱりかわいいよみなかちゃん!!!

スレンダーでつるぺたでロリコンいらっしゃい!

でも和羽のちょうどいいボディを見てしまった俺は

和羽に釘付け←

ちなみに僕が一番好きなキャラは若竹英先生。

やっぱ先生一番かわいいわ

ムードもあって優しくてまだまだ乙女で

大人の色気もあってさいこうだわ。

3巻で終わってしまったけど楽しめた。

こういう純愛系が一番好きだ。

変なエロネタとかいらないのよ。

ちょっとしたことに感じられるエロのほうが…。

いかん、最近ムラムラしすぎだ。

発情期かってのw

とにかく!

荒木宰先生の次回作に期待。

そういやせくすぃ~なマンガも書いてるみたいよ。

いつか、夜明けの空で待ってる。(3)<完> (少年マガジンコミックス)


この記事を読んだことを閣下たんにTwitterでつぶやく ⇒ 読んだ!
この記事はあなたのお役に立てましたか? ⇒ 役に立った!



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 楽天ウェブ検索
クリックしていただけると、励みになります┌(_Д_┌ )^┐

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
閣下たんの秘密基地